hasu
本館葬儀タイトル画像
本館葬儀
本館法事会館
本館供花
本館アクセス
メニューボックス下部画像
くたみ会館葬儀タイトル画像
くたみ会館葬儀
くたみ会館供花
くたみ会館アクセス
メニューボックス下部画像
植木会館葬儀タイトル画像
植木会館 葬儀
植木会館 供花
植木会館アクセス
メニューボックス下部画像
思いやりプラン
ホーム ≫思いやりプラン≫湯灌
安らかな旅立ちを願えばこそ
安らかな旅立ちを願えばこそ

 本来、「湯灌」とは故人様のご逝去に際しその家族・親族が集まって、浴槽に逆湯をはり、皆の温かい手でその身体を洗い清めると言う儀式です。
 現世での悩み、苦しみ、煩悩といった<穢れ>をきれいに洗い流したうえ、極楽浄土への身繕いを整えてさしあげ、ご成仏できるよう祈りを込めて送り出してあげる精神性の高い儀式です。
 戦前の日本ではごく普通に行われていた儀式でしたが、近年の核家族化、住宅事情の変化、生活習慣の簡素化、そのほかの事情により、いつのころからか病院での遺体処理が「湯灌」に置き換わってしまいました。
 ご葬家の喪の「心』が原点である「湯灌」こそ、これからの葬儀式では特に重要なもののひとつになることでしょう。

安らかな旅立ちを願えばこそ

 死後しばらくすると腐敗がはじまります。身体も冷たく硬直しはじめ、変色とともに皮膚も弱くなってきます。これらは何ら不自然なことではなく、当然おこる自然な現象です。しかし、ご葬儀の間これらを放置することは家族にとっても故人にとっても不本意なことでしょう。
 私どものスタッフは「湯灌の儀式」の前後において、技術的に可能な範囲にて適切な処置を行います。最後のお別れをしていただきたいと思います。

安らかな旅立ちを願えばこそ

 日本人の生活習慣・文化・清潔観の中において、「お風呂」は格別の位置付けにあります。ただ単に身体を洗うというだけでなく、時にはストレス解消の手段として、時には人と人のふれあいの場として「お湯を使う」という行為が格別の意味を持ち、心を和やかにさせてくれます。
 我が国古来より受け継がれたきた喪の儀式「湯灌」は非常に意義深いものといえます。長い人生を歩んでこられました故人様にお疲れさまの意味を込めて「最後のお風呂」に、ぜひ入れてあげて送り出されてはいかがでしょうか。

 ※本館・くたみ会館の大ホールでの葬儀の場合無料
 ※詳しくはスタッフにお問合せください。
  ※くたみ会館小ホールをご利用の場合は有料になります。